「無添加」の定義

見た目に美しければいい、味が美味しければいい、という時代が終わろうとしています。
健康的に楽しく、そして女性は美しく生きていくために、多くの人が、より自分の体のためになる商品を手に取る選択肢が増えました。
レストランやスーパー、ドラッグストアなど、日常の様々な場面で「無添加」「自然」「オーガニック」などの文字を見かけます。
美容や健康に良さそうだからと手にとりがちですが、いざ言葉の意味を聞かれると分からないものが多くありませんか?
「オーガニック」と「有機」の違い、「自然農法」と「無農薬農法」の違い。
例を挙げるとキリがありませんが、中でも「無添加」の定義はその時々でまったく違います。
無添加化粧品、無添加食品、無添加シャンプー。
こうして並べて見ると分かりますが、「無添加」の対象物はかなり幅広いです。
そしてさらにややこしいことに、無添加シャンプーAから「添加物」として取り除いたものを、別の無添加シャンプーBには配合されていたりします。
つまり、何を添加物と呼ぶかは、「無添加」を記載する側が決めていいのです。
「無添加と書いてあるから」という理由だけで商品を選ぶことは、実は何も選んでいないのと同じというわけです。
無添加にすれば良くなると思っていたのに髪や肌の不調が続いているとしたら、それは「無添加」の選び方に原因があるかもしれません。
色々な「無添加」がある時代、自分で自分の体のために選びたい、無添加の基準を考えてみましょう。

無添加シャンプーのメリット

シャンプーに限って考えたとき、「無添加」の対象になるものはいくつかあります。
今話題のノンシリコンシャンプーも、見方によってはシリコン無添加シャンプーです。
でも、こちらはあまり無添加シャンプーという言い方はされません。「何も加えていない」より、「何かを加えていない」方が商品のアピールポイントだからです。
ややこしくなってきましたね。
実は、無添加シャンプーをうたう商品の多くが指標としている基準があるのです。
それは「旧表示指定成分」。
シャンプーや化粧品の市場が広がるにつれ、アレルギーや皮膚疾患などの健康被害が問題となりました。
そこで国はアレルギーの原因となり得る成分を指定し、それを配合する商品には成分名を明記するよう定めました。
なぜ「旧」かというと、今はすべての成分を表記するようになったから。
化粧品などに使う材料が増えすぎて、どれがアレルギーの原因になるのか、把握するのが難しくなってしまったのです。
つまり、「とりあえず何が入ってるかは全部書いてるから、後は自己責任で選んでください」ということ。
でもだからといって、国やメーカーが手を抜いているわけじゃないんです。
企業の努力によって、化粧品の質は格段に向上しました。
指定成分の多くも、改良を繰り返して質が良くなりました。でも、一度「悪い」とされていたのに「もう大丈夫!」と言われても、どうしても疑わしく思ってしまうというもの。
この2つの理由から、表示の方法が変わったというわけです。
旧表示指定成分を気にする人がいることも、無添加の基準にするメーカーが多いこともうなずけますよね。
そういうわけで、この指標に沿った無添加シャンプーのメリットは、皮膚トラブルやアレルギーを起こしにくいところなんです。
美髪を目指していた人には何だか拍子抜けかもしれませんが、健康な頭皮環境が美しい髪を生むことには変わりありません。
実際に頭皮トラブルに悩んでいる人は、ちょっと試してみたくなったのでは?

トリートメントも「無添加」

成分にこだわってシャンプーを選んだら、トリートメントにもこだわりたいですよね。
もちろん、シャンプーと同じように「旧表示指定成分」無添加トリートメントもあります。
でも、どうせならトラブルを防ぐだけではなく、美しい髪のために、しっかり栄養を与えてあげたいのが女心というもの。
そういう方には、シャンプーとセットのトリートメントでまず髪を整えてから、さらに髪に栄養を与える方法をオススメします。
ラインにこだわらず、他に目を向けると、驚くほど色んな「無添加」トリートメント法が見つかります。
まずはヘアオイル。椿油やあんず油など、トリートメントの棚に置いてあるものから試してみましょう。せっかく無添加シャンプーで洗ったのですから、ここでも100%植物オイルを選ぶことをオススメします。
使い方は、ドライヤーをかける前にかるく馴染ませるだけ。つけすぎるとベタベタするので気をつけましょう。
化粧品の材料を売るお店や、ネットなどでも、髪や肌をケアしてくれるオイルがいくつも見つかると思います。
植物オイルの他に、馬やエミューに代表される動物性のオイルもあります。髪の毛用の泥パックなども試してみると良いかもしれません。
これらのほとんどは、スキンケアやボディケア、マッサージにも使用できるので、一本お気に入りを見つけたら、全身に使えてお得感があるのも良いですね。
ナチュラルケアで、美しい髪を手に入れましょう!