驚きの泥の美容効果

色によって効能が違う泥。
もちろん、共通している部分もあります。
泥パックに使う粘土は、ざらざらと粒子が粗く、また汚れが付着している地表近くの泥と違い、とても粒子が細かく、地肌を傷つけない滑らかさです。
お肌に乗せると、まず、皮膚の上、また体内に溜まっている毒素や老廃物を吸い取ってくれます。
その威力は抜群で、ヨーロッパでは古くから医療にも使われていたほど。
今でも内服薬として泥を利用する地域がある、世界各地で認められたデトックス効果なのです。
そして毒素や老廃物がなくなった体は、泥の持つ豊富なミネラルや栄養分をグングン吸収します。
この2つの効果に、泥によって違いがあるというわけです。
髪と地肌にとりわけ効果的な泥をご紹介します。
まずはブルークレイ。髪のベタつきが気になったら使ってみましょう。
汚れの吸着力が泥の特徴ですが、その作用がとても強いのがこの種類です。
地肌になじませると、毛穴の余分な油脂を取り除き、肌を引き締めてくれます。
そして、イエロークレイ。こちらは、髪や地肌のパサつきが気になるときのケアに。
ブルークレイとは反対に吸着力がおだやかで、水分を補給する効果もあります。
さらに、紫外線ダメージをケアしてくれるので、日に当たり過ぎて髪がパサパサしたり、頭皮がヒリヒリ痒くなってしまった時にも使えます。
ただ、購入時に意外なトラップになるのが、泥の長所でもある種類の豊富さ。
お店でイエロークレイを探しても、そもそも黄色い泥だけで2,3種類置いてあって迷ってしまうかもしれません。
あるいは、調べていたのとは違う名前がついていて混乱してしまうかも。
購入にあたって迷ったら、店員さんに納得いくまで質問をして、満足できる買い物をするようにしましょう。