石鹸シャンプーの特徴

とはいえ、起源が古くて親近感も抜群、というだけでは、なかなか「じゃあ石鹸シャンプーにしよう!」という気にはなりませんよね。
決め手となる特徴とは、どんなものがあるのでしょうか。
いろいろありますが、その1つは、洗浄力が優しいという点です。
石鹸シャンプーは、必要な皮脂(以下、読み違えないため「アブラ」とします)や、「常在菌」と呼ばれる菌を残して、ほどよく洗いあげてくれます。
「アブラは落とすもの」と考えがちですが、実は大切な保護膜。アブラが肌をコーティングしてくれなければ、水分が蒸発してカサカサになります。そればかりか、危険を感じた体がアブラを余分に出してベタつき、保護膜がないため皮膚がアブラでかぶれ、炎症を起こすこともあるのです。
そして、常在菌もきちんと残ります。菌というとちょっとギョッとするかもしれませんが、菌にも良い菌と悪い菌がいます。いうまでもなく常在菌は良い菌で、余分なアブラや角質を食べて肌を健やかに美しく保ち、悪い菌が体の中に入り込まないように守ってくれます。常在菌がいなくなると、頭皮のちょっとした傷から悪い菌が入り、炎症やニオイのもとにもなるのです。
こういうわけで、洗いすぎ、清潔にしすぎといわれる現代人に石鹸シャンプーはうってつけなのです。
また、「シャンプー激戦時代」で少し触れたように、成分が分かりやすいというのも大切なポイントです。
昨今、食品やメイク用品、建築材料に至るまで、これまで疑いを持たなかった物に、発がん性があった、アレルギーを引き起こした、というニュースが後をたちません。
自分の体はたった1つです。家は引っ越せますが、体は引っ越しようがありません。取り返しのつかない事が起きてからでは遅いのです。
自分で身の回りの品の成分をなるべく把握しておく。そしてそれを無理なく行うために、シャンプーの成分も分かりやすいものを選ぶ。そういった考えから石鹸シャンプーを選ぶ人も増えています。
石鹸シャンプーは、他の合成シャンプーより圧倒的に構成成分が少ないです。水とカリ石ケン素地だけで作られた、純石鹸も少なくありません。