どうして「ノンシリコン」なのか

髪がツルツルになるシリコンを、あえて添加していない。それが、ノンシリコンシャンプーです。
触り心地が良くなるのに、どうしてそれを入れないのか?
その上、なぜ使う人が増えているのでしょうか。
とんちのようですが、それはシリコンが髪をコーティングしてしまうから。
低価格のシャンプーには、低価格の洗浄剤が配合されがちです。
安いけれど洗浄力が強い洗浄剤の中には、キューティクルや髪の表面に近い層を傷めてしまうものもあります。
シリコンにはコーティング効果はありますが、美髪成分はありません。
髪は洗浄剤で傷んだまま、その後に与えるトリートメントの栄養成分もシリコンの膜に阻まれて、内部に届きにくくなります。そしてまた、トリートメントに含まれるシリコンでも膜が強化されて…のエンドレス。
その悪循環を断ち切るために、ノンシリコンシャンプーを選ぶ人が増えたようです。
また、顔や背中のにきびに悩んでいた人が、シャンプーをノンシリコンに変えて、症状が軽くなった事例もかなりあるようです。
これは、シリコンが皮膚に残りやすい性質を持っているため、すすぎきれなかったシャンプーがニキビを誘発していたのだろうと考えられます。
こちらは一概にシリコンが悪いのではなく、単純にノンシリコンはすすぎ易いというメリットがある、と解釈した方が良いような気がします。
それから、これは髪の健康とは少し離れるのですが、ヘアカラーやパーマの問題があります。
シリコンでコーティングされた髪の毛にはカラー剤が入りにくく、パーマもかかりにくいというデメリットがあります。
美容師さんがノンシリコンを勧めるのには、そういう理由もあるようです。