ノンシリコンの噂、本当?

ここまででお分かりかもしれませんが、シリコンシャンプーが絶対悪!というわけではないのです。
髪や頭皮、肌にトラブルが生じたとき、新しい選択肢として取り入れて、良い方へ向かった人が多くいる。
このことが、シェアを広げている本当のところです。
そして、シリコンの特性を理解すれば、ノンシリコンシャンプーのデメリット的な噂の真相も分かりますよね。
よくある「ノンシリコンはぎしぎしする」という声です。
これも「ノンシリコンを使うと手触りが悪くなる」のではなく、「手触りを良くするためのシリコンが入っていない」という、ごくごく当然の結果なのです。
髪が傷んだり痩せることを思えば、ノンシリコンシャンプーを使ってみたい。それでも、手触りの良さはやはり捨てがたいものです。
どうすれば良いか、解決の鍵はシャンプー後のトリートメントにあります。
ほとんどのシャンプーは、隣り合わせて揃いのトリートメント(もしくはコンディショナー)が売ってあります。こちらを選ぶのも1つの手です。
このとき、トリートメントにもノンシリコンの表記があるか確かめましょう。シャンプーはノンシリコン、トリートメントはシリコン入りの製品もいくつかあります。
もう1つは、セット売りでない、まったく別のノンシリコンのヘアケア商品を試してみる方法です。
オススメはヘアオイル。
大抵はシャンプーやトリートメントのコーナーの隅にひっそりと置いてあります。
椿油や杏油、スクワレンオイルなどがそうです。
椿油は、お相撲さんの髪を結うイメージが強いかもしれませんが、口コミ系美容サイトのヘアケア部門で何度も一位に輝き、昨今その効果が見直されつつあります。
シャンプーをネットで泡立てるときにオイルを垂らして一緒に泡立てて髪を洗う、髪を乾かす前になじませる、など、使うタイミングや方法も様々です。
自分に合ったケア用品と、お手入れ方法を見つけて、健康で美しい髪を手に入れましょう。