無添加シャンプーのメリット

シャンプーに限って考えたとき、「無添加」の対象になるものはいくつかあります。
今話題のノンシリコンシャンプーも、見方によってはシリコン無添加シャンプーです。
でも、こちらはあまり無添加シャンプーという言い方はされません。「何も加えていない」より、「何かを加えていない」方が商品のアピールポイントだからです。
ややこしくなってきましたね。
実は、無添加シャンプーをうたう商品の多くが指標としている基準があるのです。
それは「旧表示指定成分」。
シャンプーや化粧品の市場が広がるにつれ、アレルギーや皮膚疾患などの健康被害が問題となりました。
そこで国はアレルギーの原因となり得る成分を指定し、それを配合する商品には成分名を明記するよう定めました。
なぜ「旧」かというと、今はすべての成分を表記するようになったから。
化粧品などに使う材料が増えすぎて、どれがアレルギーの原因になるのか、把握するのが難しくなってしまったのです。
つまり、「とりあえず何が入ってるかは全部書いてるから、後は自己責任で選んでください」ということ。
でもだからといって、国やメーカーが手を抜いているわけじゃないんです。
企業の努力によって、化粧品の質は格段に向上しました。
指定成分の多くも、改良を繰り返して質が良くなりました。でも、一度「悪い」とされていたのに「もう大丈夫!」と言われても、どうしても疑わしく思ってしまうというもの。
この2つの理由から、表示の方法が変わったというわけです。
旧表示指定成分を気にする人がいることも、無添加の基準にするメーカーが多いこともうなずけますよね。
そういうわけで、この指標に沿った無添加シャンプーのメリットは、皮膚トラブルやアレルギーを起こしにくいところなんです。
美髪を目指していた人には何だか拍子抜けかもしれませんが、健康な頭皮環境が美しい髪を生むことには変わりありません。
実際に頭皮トラブルに悩んでいる人は、ちょっと試してみたくなったのでは?