どんな泥を使うのか

シャンプーよりコンディショナーより、やっぱりトリートメントにこだわりたい!
カラーやパーマを楽しむなら、トリートメントの質は妥協できませんよね。
化粧品のように、トリートメントもジプシー状態…という人も少なくないはず。
試したい商品を全部買うわけにもいかない手前、買う前に品質をきちんと知りたいし、出来ればリーズナブル、そして何より、効果抜群のトリートメントが欲しい。
そんな方にはおすすめしたいのが、「泥」です。
泥パックの他、クレイパックという呼び方もされています。こちらは聞いたことがある人も多いかもしれません。
泥というと、トリートメントと結び付かないばっかりか、何だか美容と正反対のイメージな気すらしますよね。
でも、心配はいりません。パックに使うのは、海底や地中深くで、長い時間をかけて磨き上げられた「粘土」なのです。
ところで、粘土って、茶色だけだと思っていませんか?
ネットの化粧品素材屋さんなどで調べると、きっと驚くはず。
黄色や黒など、茶に近い色はもちろんですが、ローズ色やピンク色もあるんです。
もちろん、着色ではなく、自然な色。
詳しい美容効果やトリートメント効果については後ほど触れるとして、泥のすごいところは、この色の種類だけ効果も幅広いというところです。
さらに髪や地肌、顔、体と幅広く使えるすぐれもの。髪に合わなかったとしても、別の場所でもトライできて、「買い損」になる可能性がとても低いのです。
効能や使用感が分かってくると、クレイを使って自分でチークなどのメイクアイテムまで作っちゃう人も珍しくないとか。
アロマテラピーや自然派化粧品のお店などで簡単に手に入れられるので、迷う前に、ぜひ一度試してみましょう。